和の石けん 佐和山

1.コンセプト
 石けんは安土桃山時代に南蛮貿易によって日本に伝えられましたが、公卿など上流階級のほか、関ヶ原の戦いでは徳川家康が将兵の健康維持のため使用を奨励した故事もあります。そこで国産化も試みられたのではと考え、当時入手できる製法、材料を念頭に製作した和の石けんです。なお、国内における石けん製造は、公式には明治4年の京都舎蜜(化学のこと)局が最初になります。「佐和山」の名前は火坂雅志の小説「しゃぼん」から。

2.原材料
(石けん素地)
 .乾淕 オレイン酸と強い抗酸化作用のあるセサミンを含みます。
 △覆燭楊 きめの細かい泡立ちのあるリノール酸を多く含みます。
 F攣蕁.リジナルは馬油ですが、性質の近い豚脂を用いています。
(添加物)
 .リーブオイル 肌合いを良くするために配合しています。
 ▲疋蹈泪ぅ函“乕罎防嫦紊靴娠れを砕き、洗い流す作用があります。微量のCa、Mgを含みます。

3.使い方と使用上の注意
 やさしく伸びやかな泡立ちと、ほんのり立つごまの香りが特徴の石けんです。浴用、洗顔のほかシャンプーとしてもお使いいただけます。香りは石けんの素材によるもので、肌について残留することはありません。洗浄力も比較的高く、保湿性にすぐれているため洗い上がりの肌はサラサラになり、石けんにありがちなツッパリ感が緩和されています。植物性の石けんよりも固く、旅行にアメニティとして持ち運ぶのにも便利です。



<佐和山について>
原料※:石けん素地、グリセリン、植物油、粘土/(石けん素地)ごま油(日本)、水、豚脂(日本)、なたね油(日本)、水酸化Na、水酸化K、炭酸Na/(添加物)オリーブ油(日本)、ドロマイト(日本)
けん化法:コールドプロセス方式
アレルギー物質(特定原材料・なし): ごま、豚
サイズ:Stdサイズ


※旧タイプ2個セットもあります。
  • 0円
スタンダード
旧タイプ2個セット
石けんタイプ

石けんタイプ
スタンダード
旧タイプ2個セット