サボン・クラシコ(Stdサイズ)

 もくせい舎の「サボン・クラシコ」は、スペインのカスティーリャ地方で作られていたオリーブオイルと牛脂を使った「カスティール石けん」を参考に、オリーブオイルと豚脂、ココナッツオイルを使って作り上げたオリジナルレシピの石けんです。

 石けんは安土桃山時代、南蛮貿易を通じて日本にもたらされました。日本人がはじめてその泡立ちを知ったのも、スペインで作られたカスティール石けんではなかったでしょうか。

 石けんの歴史は古く、紀元前3000年のシュメール文明にその記録があるといわれています。また古代ローマで、神殿の供え物として羊を焼いたときに出る脂と灰とが混じり合い、汚れが落ちる不思議な土ができた、という伝説があり、それが石けんの起源ではないかと考えられています。現在は植物性油脂が原材料の主流となっていますが、もともとは、このように動物の脂から偶然にできたものが石けんだったのです。

 「サボン・クラシコ」はそんな石けんの成り立ちや伝来の歴史を秘めた、素朴な味わいを持つ石けんです。伸びやかでくせのないやさしい泡は、はじめて石けんの泡立ちに触れた人々の驚きを思い起こさせてくれるでしょう。

<サボン・クラシコ クラシック>
成分:石けん素地、グリセリン

<サボン・クラシコ コロール・ナランハ>
成分:石けん素地、グリセリン、オレンジピール

※石けん素地に豚脂、ココナッツ油を使用しています。
  • 260円
No.165 サボン・クラシック(Stdサイズ)
No.175 サボン・ナランハ(Stdサイズ)
石けん名

石けん名
No.165 サボン・クラシック(Stdサイズ)
No.175 サボン・ナランハ(Stdサイズ)