野趣あふれる南国の石けん「タヒチ・バー」

 石けんづくりでは、どちらかというと「脇役」のココナッツオイル。その役割は石けんの泡立ちをよくすることにあります。
 そんな、ココナッツオイル「だけ」を使った石けんを作ってみました。ココナッツの産地である南太平洋の島々でよく使われている素朴な石けんで、海水でもよく泡立つと人気なんだそうです。

 出来上がったのは、真っ白なココナッツオイルをそのまま固めたような、野趣あふれる南国の石けんです。使って見ると、大きなキラキラとした泡が立ち上り、豪快に夏の汗や外で過ごしたあとの汚れをゴシゴシと洗い流したいときに、ぴったりです。
 洗い上がりはさっぱりとしていますが、肌に必要な脂を残すような使い心地で、日焼けの後の乾燥気味の肌にも心地よいのではないでしょうか。

 たっぷりの泡でバスタイム、シャワータイムを楽しみたい方におすすめの素朴な石けんです。

<タヒチバーについて>
原材料:ココナッツオイル、水酸化ナトリウム
基準重量:80グラム
  • 340円